サービス一覧

干物は昔から、魚を天日によって乾燥させることで作られてきました。
今でも港などに行くと、多くの魚が開きの状態で、天日に干されている様子が見られます。
温度や湿度など現在の技術を持ってすれば、より徹底した管理も可能であると思われますが、今でも干物を作る人たちは昔ながらの天日を利用する方法にこだわりを持っています。
干物を作る際に天日に加えもい一つ重要な要素があります。
それが風であり、風の具合によって魚の乾燥具合が左右され、上質な干物に仕上がるかどうかが決まっていきます。
干物を作ると言う作業は天日や風をはじめとした、自然環境を利用するために非常に品質管理の難しい食品の一つとして知られています。
詳細はサイトにてご確認ください。