サービス一覧

干物を製造する際には、日光や湿度、風向きや風力といった、実に様々な自然環境がその製造過程において、様々な形で影響を与えます。
干物の製造に携わる人の多くは、そういった自然環境をいち早く肌で感じ、それにあわせた対処を干物に対して行っていかなくてはなりません、干物と言えば、魚を天日に干すということが製造の主たるものとなりますが。
直射日光に長時間当ててしまうと魚自体が煮えてしまい、上質な品物には仕上がりません。
そのために、天日に当てて乾燥させるのは全体のうちの一時間程度で、それ以降は日陰の風通しのいい場所において、長時間の乾燥工程を経るものであるとされています。
干物を製造するためには、昔からの人たちの感と経験がものをいう非常に大変な作業となります。
詳細はサイトにて確認し、干物ができるまでに行う様々な工程と、変化する味について調べてみてください。